即日融資

即日融資とは、「申し込んだその日のうちに、希望するお金を借り入れることができる」という意味です。

急にお金が必要になって焦った経験は誰にでもあると思います。
そんな時に即日で融資してくれる金融会社があればすごく助かりますよね。

最近の銀行カードローンや大手の消費者金融であれば即日融資に対応しているところは多いですが、必ずしも当日中に借りられる保証があるわけではありません。
時間の制限や必要書類、在籍の確認などさまざまな条件がカードローン会社ごとに存在します。

当サイトでは「即日融資」に焦点を当てて詳しく見ていきたいと思います。

キャッシング即日融資は、必ずその日に借り入れできるのか?

キャッシング契約を行い即日融資は、その日のうちに借り入れすることは出来る場合と出来ない場合があります。
そもそも、契約申し込みを行ったとしても、受付時間帯により審査結果が翌日に通知され、翌日以降にカードを受け取るといったこととなります。

結果、無人契約機や窓口からの契約については、必ず借り入れが可能ということではなくなります。

一方、インターネット契約については、カードが無くても借り入れを行うことが出来ます。
これは、インターンネットバンキングを利用している場合に限定され、審査完了後に口座振込が行われます。

インターンネットバンキングに対応していない場合、銀行口座に振り込みはされても、振込手続きが完了していないため、実質的には即日融資にはなりません。
ただし、インターネット契約についても、申し込み時間帯という制約があるため、時間外の契約申し込みの場合、翌日の融資となってしまいます。

つまり、キャッシングの即日融資については、時間といった営業時間内に申し込みを行うことがポイントになります。

即日融資の審査は厳しい?知っておきたい実際のところ

即日融資は急ぎでお金が必要になってしまった時に便利ですが、その日中にスピーディーに融資してもらえるという大きなメリットがある分、審査が厳しくなってしまうのではと不安に思っている方も少なくないでしょう。

しかしながら、実際のところはそんな事はありません。

即日融資での申し込みの場合にも即日融資ではない申し込みの場合にも、基本的には審査の内容であったり厳しさというのは変わりませんのでその点は安心してください。

審査で求められるものはどちらの場合にも返済能力とクリーンな信用情報です。

また同時に複数のカードローンの即日融資に申し込みをしてしまわない、既に借り入れがある時にはそれを隠したり金額を誤摩化したりしない、この二つのポイントも抑えておくようにしてください。

そうすれば、審査はうまくいきやすいと言えるでしょう。

即日融資に必要な書類

即日融資とは、申し込んだ当日中に融資を受けることを言います。この即日融資は、多くの消費者金融で利用することができます。意外と知られていないのが、銀行でも即日融資を受けることができるということです。このように多くの消費者金融や銀行で即日融資を受けることができるようなった理由は、おそらくインターネットの普及により、情報の確認が早くなったり、書類を電子上でやりとりできるようになったことが大きな理由だと思われます。

それでは、即日融資を受けるために必要な書類を確認してみましょう。即日融資を受けるための必要書類は、身分証明書のみです。消費者金融でも銀行でも同じです。

身分証明書とは、社会生活上、人の本人性や法的資格を示すために用いられる文書のことで、官公庁や学校、会社、団体など公的機関が発行する証明書のことです。具体的には、運転免許証やパスポート、健康保険被保険者証、住民基本台帳カード(住基カード)、マイナンバーカードが該当します。

これら以外でも、氏名、住所、生年月日、性別、顔写真などの個人を特定する情報を記載したものであれば、身分証明書として通用するようですが、各金融機関によって認められるものと認められないものがありますので、事前に確認しておく必要があります。免許証や健康保険被保険者証、マイナンバーカードが一般的です。

利用希望金額によっては、収入証明書の提出が必要になります。その金額は金融機関によって異なりますが、消費金融であれば50万円~100万円を超える場合、銀行であれば50万円~300万円を超える場合、収入証明書の提出が求められます。

なお、収入証明書とは、源泉徴収票、給与支払明細書、特別徴収税額の通知書、課税証明書、確定申告書のことです。一般的には、源泉徴収票や給与支払明細書を提出することが多いようです。

即日融資ができる金額はいくらくらい?

即日融資ができる金額はいくらくらいと想像していますか?各社のホームページを見てみると「即日融資可能」、銀行であれば「最高1000万円や800万円」、消費者金融であれば「最高500万円や300万円」というものを見かけます。しかし、実際即日融資でそのような高額の利用は不可能です。

まず大前提として即日融資とは、冠婚葬祭などの急な出費、給料日までの当面の生活資金などを利用目的としたものです。したがって、10万円~50万円までであれば、即日融資が可能な金額のようです。

キャッシングの利用限度枠とは

キャッシングの利用限度枠を簡単に言えばキャッシングサービスの上限額のことです。

そもそもキャッシングとは、最初の審査で決められた利用限度枠内で自由に借り入れと返済を繰り返すことができるサービスのことをいいます。

仕組みとしては最初の審査で利用限度枠を決めて、ローンカードなどを利用者に渡します。

利用者はそのカードを使い融資が必要になった際に、限度額内で好きな金額をいつでも自由に借りることができるというサービスです。

限度額とはこのサービスの上限金額の事でここまでしかお金は借りることはできません。

もしこれ以上借り入れをしたい場合は金融機関に申し込み再度審査ということになります。

ですから利用限度枠というのは「ここまでならお金を借りることができる」もしくは「お金をここまで貸付ても滞納などの問題なく返済ができる」という本人の信用が数値化された数字であるとも言えます。

専業主婦でも借入可能?

専業主婦でも借入可能なのでしょうか。まず専業主婦といっても、パートやアルバイトなどの小額の収入のある専業主婦と、全く収入のない専業主婦によって異なります。

まず、パートやアルバイトなどの小額の収入のある専業主婦についてご紹介します。ある程度の収入がありますので、消費者金融でも銀行でも申し込みが可能で、申し込み際して、夫の同意が不要で、配偶者貸付制度を利用することなく、利用が可能です。

次に、全く収入のない専業主婦についてご紹介します。全く収入のない専業主婦の場合、消費者金融から借り入れることは、原則できません。なぜなら、消費者金融は総量規制対象となるためです。総量規制とは、貸金業法で定められたもので、「債権者は債務者に対して、債務者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはならない」と規定したものです。

例えば、年収が600万円の人であれば、600万円×1/3=200万となるため、200万円まで借りることが可能です。ただし、200万円まで借りることが可能といっても、必ず消費者金融が200万円融資してくれるというものではありません。

あくまでも法律上は200万円まで利用可能としたものです。では、収入のない専業主婦はどうでしょうか。年収が0円であるため、0円×1/3=0円となり、1円も借りることができません。しかし、このような状況を解消するために貸金業法では「配偶者貸付」という制度を設けています。

これは配偶者と年収を合算できるというものです。夫の収入が600万円、専業主婦の収入が0円の場合、合算して600万円となります。したがって、200万円が利用限度額となります。次に利用に際して必要な書類についてご紹介します。

夫の同意書、住民票や戸籍抄本といった夫との婚姻関係を示す書類が必要となり、一定額以上であれば、夫の収入証明書の提出が必要になります。

ここまで読んでいただくと、収入のない専業主婦でも消費者金融から即日融資を受けるように見えますが、実は大手の消費者金融の場合、収入のない専業主婦は申し込みを受け付けてもらうことができないことが多く、利用ができないようです。中小の消費者金融であれば、申し込みを受け付けている消費者金融もあるようです。

専業主婦でも借入可能なカードローンは

収入のない専業主婦は、「専業主婦でも借入可能?」の項目で、消費者金融からは借入が難しいことをご紹介しました。では、収入のない専業主婦は、お金を借りることができないかというとそうではありません。

実は、総量規制対象外である銀行のカードローンであれば、収入のない専業主婦でも可能です。例えば、じぶん銀行やみずほ銀行といった銀行であれば、夫の同意書や夫の収入証明書の提出が不要とされています。ただし、利用限度額は30万円程度となります。銀行ごとに条件が異なりますので、詳細は各銀行のホームページなどで確認してください。

キャッシングの申し込み時に嘘をついたらどうなるの?

キャッシングの申し込み時、嘘の情報を記載した場合、審査はNGになります。

先ず、審査で重視される内容としては、他社からの借入状況、住所や居住年数、勤務先および雇用形態といったものとなります。
どの内容においても、嘘の情報を記載して審査申し込みをしても、審査途中でバレてしまいます。

他社からの借入については、個人信用情報機関の登録情報から直ぐに分かってしまい、住所や居住年数なども分かります。

そして、住所については身分証明証の固有識別番号が記録されているため、個人信用情報機関へ照会する際に利用されるため、住所を誤魔化してもダメです。
さらに勤務先や雇用形態については、会社名や電話番号のみならず、勤務先の規模まで記載することとなり、企業情報は簡単に照会することが出来ます。

そして、電話による在籍確認が行われるため、嘘が発覚してしまいます。
更に、勤務先や雇用形態については健康保険の種類や加入する保険組合といった情報からも確認出来てしまいます。

結果、嘘をついても個人情報の開示請求に同意した時点で意味がなくなってしまいます。
また、ちょっとした記載ミスなどにより、虚偽申請と見做される危険性があるため、申し込み時には非常に注意が必要です。

即日融資は来店しなくてもできる?

即日融資というと一番先に思い浮かぶのが、消費者金融の無人契約機を利用することです。
近年では、三菱東京UFJ銀行など大手銀行でも無人契約機をATMコーナーへ設置し、即日融資対応を行っています。

では、無人契約機や銀行窓口に来店せずに融資を受けることが出来るのかというと、答えは大丈夫です。
Web完結による契約では、所有する銀行口座へ融資金額が直接振り込まれるものがあるため、契約者自身はどこにいても大丈夫というサービスがあります。

特にインターネットバンキングを利用するキャッシングでの即日融資は、営業時間内に審査申し込みを行い、最短30~2時間程度で審査が完了し、融資がされます。
さらに、融資を受ける際はわざわざ新規に口座を開設する必要もなく、給与振込口座などに直接振込を依頼することも可能です。
これならば、来店無しで融資を受けられ、いつでも、どこからでもキャッシングを利用することが出来ます。

即日融資でも無利息サービスは受けられる?

消費者金融の中には、無利息サービスというものを提供している消費者金融があります。無利息サービスとは、一定期間(30日間、180日など)は利息がつかないというものです。つまり、一定期間(30日間、180日など)のうちに返済すれば、利息が0円で利用できるというものです。

具体的には、ノーローンであれば7日間、アイフル、プロミスあれば30日間、レイクであれば30日あるいは180日間、無利息期間として設定されています。

無利息サービスは、原則として初回の利用者のみに適用されますので、2回目以降の利用者は、この無利息サービスが適用されません。

また、大きな注意点があります。それは、無利息サービスの適用開始となる基点日です。

適用開始となる基点日は2つあり、「契約日の翌日」と「初回借り入れ日の翌日」です。
契約日の翌日が基点とされている場合、契約日の翌日から無利息期間が開始しますので、例えば契約直後に借り入れを行った場合、30日間の無利息サービスを受けることができますが、契約日の翌日より30日経過してしまうと、初回利用者であっても無利息サービスを受けることができません。

一方、初回借り入れ日の翌日が基点とされている場合は、初回利用者であれば、借入日翌日から無利息サービス開始となります。即日借入を希望しているのであれば、無利息サービスの適用開始日が「契約日の翌日」と「初回借り入れ日の翌日」のどちらでも、その恩恵を受けることが可能です。

借り入れ予定日が少し先になるようであれば、無利息サービスの適用開始日が「初回借り入れ日の翌日」とされている消費者金融を利用する方がお得です。

ちなみに、アイフルの無利息サービスの適用開始日は「契約日の翌日」、プロミスは「初回借り入れ日の翌日」とされています。ノーローンは少し特殊で、初回利用者だけに限定されていません。つまり、何度でも無利息期間を受けることができます。

すべての借入を完済した翌月以降も、無利息期間が適用されます。例えば、毎月給料日前4日間は苦しいという場合、給料を受け取った後、借り入れ日の7日以内に完済すれば、無利息となります。

レイクでは30日と180日の無利息期間が設けられています。30日を選択した場合、利用額全額に対して30日間の無利息期サービスが適用され、180日を選択した場合は、利用額のうち5万円のみ180日間無利息となるサービスです。いずれも無利息サービスの適用開始日は、「契約日の翌日」とされています。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法で定められているもので、「債権者は債務者に対して、債務者の年収の3分の1を超える貸付を行ってはならない」と規定したものです。
この総量規制は、貸金業法の下で運営している貸金業者(消費者金融、信販会社、クレジットカード会社など)が対象となります。

銀行は貸金業法ではなく、銀行法の下で運営しているため、総量規制対象外となり、債務者の年収の3分の1を超える貸付を行うことができます。

しかし、総量規制対象となる貸金業者でも、債務者の年収の3分の1を超えて貸付を行うことができるものがあります。それは総量規制の例外項目と除外項目と呼ばれるものです。

例外項目には、顧客に一方的有利となる借換え、緊急の医療費の貸付け、社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け、個人事業者に対する貸付け、預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付けがあります(貸金業法ホームページより引用)。

除外項目には、不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)、自動車購入時の自動車担保貸付け、高額療養費の貸付け、有価証券担保貸付け、不動産担保貸付け、売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け、手形(融通手形を除く)の割引、金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け、貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介があります(貸金業法ホームページより引用)。

つまり、例外項目や除外項目に該当する場合は、年収の制限を受けないというものです。

収入証明書の取り方

収入証明書とは、源泉徴収票、給与支払明細書、特別徴収税額の通知書、課税証明書、確定申告書のことです。金融機関に提出する収入証明書は、一般的に源泉徴収票や給与支払明細書が多いようです。では、それら収入証明書の取り方についてご紹介します。

源泉徴収票:勤務先でしか発行することができません。毎年12月~1月末までに勤務者に対して発行されます。12月~1月末以外のタイミングで必要となった場合は、勤務先に発行を依頼する必要があります。

給与支払明細書:毎月決まったタイミングで発行されます。例えば去年1年分の給与支払明細書の再発行を依頼した場合、再発行は可能ですが、担当者は非常に手間がかかります。給与支払明細書以外の書類ではダメなのか確認が入ることが多いようです。

特別徴収税額の通知書:毎年5月~6月の間に、会社から渡されます。

課税証明書:各市町村が発行してくれます。300円程度の発行手数料が必要になり、窓口でも自動交付機などでも受け取ることが可能です。

確定申告書:確定申告書を提出する際に「控え」を渡されます。それ以外に入手する方法はありません。

延滞した(する)場合の注意点

カードローンは借りる前に審査に通ることが最重要ですが、一度借りた後は返済が重要になります。
返済に関してはこちらのページで解説していますのでご一読ください。

延滞とは、約定日に返済ができなかったことを言います。延滞は絶対に避けなければならないことですが、やむを得ず、延滞した場合の注意点をご紹介します。

まず、延滞する可能性がある場合には、担当者に電話/訪問などで連絡を入れましょう。延滞した事実を取り消すことはできませんが、担当者の心象が悪くなるのを防ぐ効果があります。次にできるだけ速やかに返済し延滞を解消してください。なぜならば延滞している間は、その口座からお金を引き出すことができなくなるためです。

また、延滞期間が3ヶ月以内であれば、ブラックリストに乗ることはありません。しかも、1~3回であれば、担当者は事情を考慮してブラックリストへ登録はしないようですが、繰り返して延滞していると、利用限度額が引き下げられ、最悪のケースとして利用限度額が0円となるケースもあるようです。

キャッシングは恐いものですか?銀行や消費者金融、信販会社は安心です!

初めてキャッシング契約を検討されている方の場合、非常に不安があり、恐いものだと認識している場合があります。
その理由は、1990年代から2000年代前半に掛けて、消費者金融が社会的に問題視されていたことが起因しています。

以前からでも銀行のキャッシング契約は安心できるものであり、今では消費者金融や信販会社のキャッシングも非常に安心できるものとなっています。
そもそも、信販会社のキャッシングは、クレジットカードに付随するキャッシング枠であり、非常に安心して利用することが出来ます。

また、消費者金融についても企業体質の改善や大手銀行のグループ企業として営業を行うこととなり、コンプライアンスを重視することとなっています。
その結果、昔のドラマで登場するような取り立てや追い込みといった行為はあり得ないものとなっています。

ただし、キャッシングの中で注意することは、闇金や悪徳金融業者に注意することです。
これらのキャッシングについては、非常に恐いものであり、知名度が高く、企業理念がしっかり掲げられている金融機関を選ぶのがポイントです。

三井住友銀行カードローンの即日融資方法まとめ

三井住友銀行カードローンのスペック

実質年率 年4.0%~14.5%
利用条件 満20歳~69歳以下の方
原則安定した収入のある方
使いみち 自由(事業資金は除く)
審査時間 最短30分
在籍確認 あり
即日融資 最短30分
即日振込 OK
来店の必要 なし
必要書類 運転免許証(写)または健康保険証等
収入証明(300万円超の借り入れまたは必要とされた場合)
限度額 1万円~800万円
返済方式 残高スライド元利定額
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
遅延損害金 19.94%(年率)

特徴

三井住友銀行カードローンは、最短30分の審査や即日融資といったスピーディーな対応をしている銀行系カードローンにしては珍しいカードローンです。
SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとも連携しており、受付窓口も広くなっています。
特徴は以下です。
・三井住友銀行の口座なしで利用できる
・最短30分の審査でカードを即日発行可能
・最高800万円まで借り入れ可能
・コンビニATM手数料無料・時間外手数料無料
・インターネットバンキングならWEBで契約完結

利用者にとって特にありがたいのはコンビニATM手数料が無料である点でしょう。
余計なコスト負担なくカードローンを利用したい方に特におすすめです。

即日融資は可能か?

三井住友銀行カードローンは即日融資が可能です。
即日融資を受けるには、インターネットバンキング、パソコン・スマホ、ローン契約機、電話のいずれかから申し込みます。
インターネットバンキングは三井住友銀行に口座を持っている方が利用できるWebサービスです。

インターネットバンキングから申し込む場合の流れ

1. インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)にログイン後、メニューから「カードローン」を選択し、必要事項を入力して送信する。
2. 審査結果が電話またはメールで通知される(最短30分)。
3. 契約手続き
4. インターネットバンキングおよび手持ちのキャッシュカードで借り入れできるようになる。

パソコン・スマホから申し込む場合の流れ

1. パソコン・スマホで申込フォームから申し込む。
2. 審査結果が電話またはメールで通知される(最短30分)。
3. ローン契約機に行き、本人確認書類を提示する。
4. ローン契約機(ACM)でローン専用カードが発行される。
5. 受け取ったカードでATMから借り入れ可能になる

ローン契約機で申し込む場合の流れ

1. 三井住友銀行支店内またはプロミス店舗に設置されているローン契約機(ACM)で申し込む。本人確認書類を提示する。
2. その場で審査結果が通知される(最短30分)。
3. 契約手続きをし、ローン専用カードが発行される。
4. カードでATMから借り入れ可能になる。

電話で申し込む場合の流れ

1. 三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923、受付時間9:00~21:00)に電話して申し込む。
2. 審査結果が電話またはメールで通知される(最短30分)。
3. ローン契約機に行き、本人確認書類を提示する。
4. ローン契約機でローン専用カードが発行される。
5. カードでATMから借り入れ可能になる。

上記のどの申し込み方法でも、審査結果の連絡は9:00~21:00までの間に来ます。
遅い時間帯での申し込みでは審査回答は翌日以降になる場合があります。
原則として土日祝日でも申し込み可能です。

専業主婦は申し込める?

専業主婦では申し込みできません。
契約者本人に安定した収入があることが契約の条件ですので、収入ゼロの場合は契約できません。
ネットを見ていると、三井住友銀行カードローンは専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申し込みできると書いてあるところがあります。
しかし、三井住友銀行カードローンプラザに問い合わせてみると、「専業主婦の方のお申し込みは受け付けておりません」と回答されます。
主婦でもパートなどで収入があれば三井住友銀行カードローンの申し込みは可能です。

審査は厳しい?

三井住友銀行カードローンは、銀行系のカードローンであり、また三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方という条件があるので、審査は厳しめと言えます。
他社借入が数件ある程度は大丈夫ですが、信用情報に傷があったりするとまず通りません。
年収や勤務先などに不安があるのなら、三井住友銀行に普通預金口座をつくり、給与受け取りや公共料金の支払いなどで口座の利用実績を作ってからカードローンを申し込めば審査が有利になります。

提携ATMの利用手数料はかかる?

コンビニの提携ATMは利用手数料がかかりません。
時間外手数料も無料ですので、こまめに利用する方にとっては心強いカードローンです。
一方で、提携金融機関のATMは手数料がかかります。
手数料は提携先により異なりますが、基本的には平日の日中は無料か108円、その他の時間帯および土日祝日は108円また216円です。
三井住友銀行カードローンのATM手数料が無料な提携ATMは以下です。
・三井住友銀行ATM
・E-net
・ローソンATM
・セブン銀行ATM
・ゆうちょATM

口座開設は必要か?

三井住友銀行の口座が無くても利用できます。
口座を持っていない場合はカードローン専用口座が開設され、ローン専用カードが発行されます。
口座を持っている場合はキャッシュカードでカードローンを利用できるようになります。

プロミスの自動契約機でも申し込める

SMBCコンシューマーファイナンスが提供する消費者金融のプロミスは、三井住友銀行と同じくSMBCフィナンシャルグループのひとつです。
そのため、プロミス店舗内に設置されている自動契約機は三井住友銀行カードローンのローン契約機を兼ねています。
逆に、三井住友銀行支店に設置されているローン契約機からもプロミスの申し込みが可能です。