カードローンの与信と限度額の決まり方

カードローンの与信とは?審査申込内容から査定される!

先ず、カードローンの契約において与信ということが非常に重要となりますが、これはあくまで銀行や消費者金融が、契約者に対しいくらまでなら融資出来るかといったものです。

一見すると個人信用情報と似ているようには思えるものの、性質的には異なる面があり、個人信用情報はあくまで第三者との取引情報が重視されます。

しかし、与信については文字上では『与える』、『信じる』ということであり、融資元が審査基準と申込内容からどれほどの信用を行うかということになります。

つまり、カードローンの契約において仮審査は与信情報により行われ、本審査は信用情報により行われるといった主観的な情報と客観的な情報を総合して判断し、融資を行っています。

カードローンの与信限度額はどのように決まる?

与信限度額については、契約申込先の銀行や消費者金融の審査基準を通過し、査定されて金額となり、独自の審査基準により決まるものです。

ただし、与信限度額については融資限度額とは異なるものであり、収入と返済能力のバランスを考慮して査定された金額となります。

そのため、実際の融資限度額に対して乖離があり、銀行カードローンで増額申請を行う際は、与信限度額内での再審査を行うこととなります。

結果的には、与信限度額は所得から税金を控除し、生活費を除外した余裕のある金額が最大金額となるものの、不確定な要素を統計データを利用して、安全率を考慮すると実質的な融資限度額となります。

つまり、増額申請を行う際、増額されるということは与信限度額が大きく影響しています。

カードローンの途上与信とは?

一度審査を通過して、これでもう審査をされることはない、と考えている方は意外と多いようです。

実はカードローンの審査は入会時だけではないのです。信用情報機関は未入会の人に関する借り入れ状況の提供を行っているほか、既に加入している人に対しての借り入れ状況の情報提供も実施しています。

これをカードローンの途上与信と呼びます。

これは入会後に新たな借り入れを別の会社から行っているかどうか、他社への返済状況は正常に履行されているか、などを確認しています。

自社への支払は正常でも他社が滞っている場合や他社借り入れが急増している場合などは現在きちんと返済していても途中解約になってしまうことがありますので注意が必要です。

与信限度枠があれば、利用していなくても借り入れしているとみなされる?

ずばり、カードローンの契約において与信限度額は、利用していなくとも借り入れ状態と見做されてしまい、他カードローンや住宅ローンの審査に影響を与えてしまいます。

つまり、与信限度額はいつでも借り入れを行える状態にあるため、事実上は利用しているものとなってしまいます。

また、個人信用情報機関については、契約情報と取引履歴を管理しており、特に総量規制対象となるカードローンについては、借入金額ではなく、契約する与信限度額で年収の1/3以下に留まっているかどうかを確認しています。

さらに、クレジットカードのキャッシング枠についても同様の扱いになるため、カードローンの審査時にはキャッシング契約の利用限度額を全て把握する必要があります。

与信枠が減るケースもある?

カードローンを契約している中で、借入状況や返済状況から与信枠が減少するケースは少なからずあります。

ただし、この途上与信については取引履歴を重視し、過度に借り入れが増加していないかどうか、返済遅延や滞納が無いかを確認することで変化するものです。

個人信用情報機関の信用情報が与信情報に利用されると考えますが、基本的には個人情報を利用して情報開示を行うことは本人の同意が必要になります。

そのため、途上与信により与信枠が減るということは、少なからず返済遅延が繰り返されたため、返済が滞納する危険性を指摘されていることになります。

もし、与信枠を維持するのであれば、取引履歴において問題が生じないように対応することが重要になります。