三井住友銀行カードローンの即日融資方法まとめ

三井住友銀行カードローンのスペック

実質年率 年4.0%~14.5%
利用条件 満20歳~69歳以下の方
原則安定した収入のある方
使いみち 自由(事業資金は除く)
審査時間 最短30分
在籍確認 あり
即日融資 最短30分
即日振込 OK
来店の必要 なし
必要書類 運転免許証(写)または健康保険証等
収入証明(300万円超の借り入れまたは必要とされた場合)
限度額 1万円~800万円
返済方式 残高スライド元利定額
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
遅延損害金 19.94%(年率)

特徴

三井住友銀行カードローンは、最短30分の審査や即日融資といったスピーディーな対応をしている銀行系カードローンにしては珍しいカードローンです。
SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスとも連携しており、受付窓口も広くなっています。
特徴は以下です。
・三井住友銀行の口座なしで利用できる
・最短30分の審査でカードを即日発行可能
・最高800万円まで借り入れ可能
・コンビニATM手数料無料・時間外手数料無料
・インターネットバンキングならWEBで契約完結

利用者にとって特にありがたいのはコンビニATM手数料が無料である点でしょう。
余計なコスト負担なくカードローンを利用したい方に特におすすめです。

即日融資は可能か?

三井住友銀行カードローンは即日融資が可能です。
即日融資を受けるには、インターネットバンキング、パソコン・スマホ、ローン契約機、電話のいずれかから申し込みます。
インターネットバンキングは三井住友銀行に口座を持っている方が利用できるWebサービスです。

インターネットバンキングから申し込む場合の流れ

1. インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)にログイン後、メニューから「カードローン」を選択し、必要事項を入力して送信する。
2. 審査結果が電話またはメールで通知される(最短30分)。
3. 契約手続き
4. インターネットバンキングおよび手持ちのキャッシュカードで借り入れできるようになる。

パソコン・スマホから申し込む場合の流れ

1. パソコン・スマホで申込フォームから申し込む。
2. 審査結果が電話またはメールで通知される(最短30分)。
3. ローン契約機に行き、本人確認書類を提示する。
4. ローン契約機(ACM)でローン専用カードが発行される。
5. 受け取ったカードでATMから借り入れ可能になる

ローン契約機で申し込む場合の流れ

1. 三井住友銀行支店内またはプロミス店舗に設置されているローン契約機(ACM)で申し込む。本人確認書類を提示する。
2. その場で審査結果が通知される(最短30分)。
3. 契約手続きをし、ローン専用カードが発行される。
4. カードでATMから借り入れ可能になる。

電話で申し込む場合の流れ

1. 三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923、受付時間9:00~21:00)に電話して申し込む。
2. 審査結果が電話またはメールで通知される(最短30分)。
3. ローン契約機に行き、本人確認書類を提示する。
4. ローン契約機でローン専用カードが発行される。
5. カードでATMから借り入れ可能になる。

上記のどの申し込み方法でも、審査結果の連絡は9:00~21:00までの間に来ます。
遅い時間帯での申し込みでは審査回答は翌日以降になる場合があります。
原則として土日祝日でも申し込み可能です。

専業主婦は申し込める?

専業主婦では申し込みできません。
契約者本人に安定した収入があることが契約の条件ですので、収入ゼロの場合は契約できません。
ネットを見ていると、三井住友銀行カードローンは専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申し込みできると書いてあるところがあります。
しかし、三井住友銀行カードローンプラザに問い合わせてみると、「専業主婦の方のお申し込みは受け付けておりません」と回答されます。
主婦でもパートなどで収入があれば三井住友銀行カードローンの申し込みは可能です。

審査は厳しい?

三井住友銀行カードローンは、銀行系のカードローンであり、また三井住友銀行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方という条件があるので、審査は厳しめと言えます。
他社借入が数件ある程度は大丈夫ですが、信用情報に傷があったりするとまず通りません。
年収や勤務先などに不安があるのなら、三井住友銀行に普通預金口座をつくり、給与受け取りや公共料金の支払いなどで口座の利用実績を作ってからカードローンを申し込めば審査が有利になります。

提携ATMの利用手数料はかかる?

コンビニの提携ATMは利用手数料がかかりません。
時間外手数料も無料ですので、こまめに利用する方にとっては心強いカードローンです。
一方で、提携金融機関のATMは手数料がかかります。
手数料は提携先により異なりますが、基本的には平日の日中は無料か108円、その他の時間帯および土日祝日は108円また216円です。
三井住友銀行カードローンのATM手数料が無料な提携ATMは以下です。
・三井住友銀行ATM
・E-net
・ローソンATM
・セブン銀行ATM
・ゆうちょATM

口座開設は必要か?

三井住友銀行の口座が無くても利用できます。
口座を持っていない場合はカードローン専用口座が開設され、ローン専用カードが発行されます。
口座を持っている場合はキャッシュカードでカードローンを利用できるようになります。

プロミスの自動契約機でも申し込める

SMBCコンシューマーファイナンスが提供する消費者金融のプロミスは、三井住友銀行と同じくSMBCフィナンシャルグループのひとつです。
そのため、プロミス店舗内に設置されている自動契約機は三井住友銀行カードローンのローン契約機を兼ねています。
逆に、三井住友銀行支店に設置されているローン契約機からもプロミスの申し込みが可能です。