返済の方式と方法

返済方法は大きく4パターン(「定額方式」と「定率方式」、「元利」と「元金」)

カードローンの返済方法は、大きく分けて4パターンの要素を組み合わせてられています。その4つの要素は「定額方式」と「定率方式」、「元利」と「元金」があり、「元利定額方式」、「元利定率方式」、「元金定額方式」、「元金定率方式」です。まず、用語の解説を致します。定額方式とは毎月一定額を返済するというもの、定率方式とは借入残高に一定の割合(定率)をかけた金額を返済するといものです。元利とは、元金と利息を足したもので返済総額を表し、元金とは借り入れた金額(利息を含まない)を表します。

元利定額方式についてご紹介します。元利定額方式とは、月々の返済金額の中に、元金返済分と利息分が含まれた形になります。例えば月1万円の返済であれば、9000円が元金返済分、残りの1000円が利息分というものです。元利定額方式のメリットは、月々の返済金額が一定であるため、返済計画が立てやすいというものがあります。しかし、支払い残高が多い返済初期のころは、利息として支払いが大きいため、元金が減らず、結果的に返済期間が長くなるというデメリットがあります。

元利定率方式とは、借入残高に一定の割合(定率)をかけて、それを月の返済とするものです。この返済の中には、元金に対する返済と利息分が含まれています。借入残高が少なくなるほど、月々の返済が少なくなりますが、理論上は、完済できないことになるため、繰り上げ返済や最後に一括返済をする必要があります。

元金定額方式とは、毎月の返済のうち、元金部分の返済は一定となり、それに加えて毎月の利息分を支払うというものです。借入残高に応じて、利息が決定されるため、返済が進むほど、利息が少なくなることがメリットです。

元金定率方式とは、借入残高に一定の割合(定率)をかけて、それと利息分を支払うというものです。借入残高に応じて返済金額が少なくなりますが、理論上は完済することができないことになるため、繰り上げ返済や最後に一括返済をする必要があります。

元利均等払いとは

元利金等払いとは、元利(利息も含めた総支払額)を支払い期間で割って、毎月の返済額を決めるというものです。特徴としては、毎月の返済額が一定であるため、返済計画が立てやすいというメリットがあります。しかし、返済初期のころは、元金よりも利息分を多く支払っていることになるため、元金の減りが遅いというデメリットがあります。毎月の収入が一定であるサラリーマンに利用しやすい返済方法です。

元金均等払いとは

元金均等払いとは、元金を支払い期間で割って、元金に対する毎月の返済額を決めます。利息については借入残高から計算されます。この2つを併せて毎月返済していくという返済方法です。返済初期では借入残高が多いため、利息の返済額が多く、月の返済額が多くなります。しかし、元金に対する返済スピードが速いため、返済が進むほどに利息が少なくなり、毎月の返済額が少なくなるという特徴があります。利用者にとっては、支払う利息が少ない方が良いので、利用したい返済方法ですが、利息が少ないという点は、金融機関にとってはデメリットであるため、ほとんど採用されていません。

リボルビング方式(リボ払い)とは

リボルビング方式とは、利用金額に関わらず、毎月一定額(最低返済額以上)を返済していくというものです。例えば、先月3万円、今月3万円利用したとしても、月々の5000円で良いというものです。最低返済額は各社が独自に設定しているため、金額は異なります。いくら利用しても一定額だけ返済すればよいため、利用者にとって負担が少ないです(少なく見えているだけ)。しかし、実際は少ないように見えているだけです。上記の例を考えて見ましょう。総借入額は3万円+3万円=6万円、返済額は5000円+5000円=1万円となり、借入残高は5万円となります。この5万円に対して利息が15%~18%つくため、7500円~9000円の利息を支払うことになります。リボルビング方式の利用がこの2ヶ月間だけであれば、大きな問題にはなりません。しかし、毎月の返済が少ないという理由から、ついついたくさん買い物をしてしまい、雪だるま式に借金が増えることになり、カード破産というケースも発生しています。

残高スライド方式とは

残高スライド方式とは、返済日の借入残高に応じて毎月の返済額が決定されるというものです。返済額は最低返済額というものが決められており、毎月最低返済額以上を返済していく必要があります。多くの消費者金融や銀行が、この残高スライド方式を採用しており、さらにリボルビング方式とも組み合わった返済方法が採用されています。借入残高に応じて返済額が決定されるため、返済初期のころは、返済額が多くなりますが、返済が進むにつれて借入残高がへるため、毎月の返済額が減り、負担が減るという特徴があります。利用者に優しいように見えますが、返済期間が長くなるため、支払う利息が多くなります。支払う利息を減らすために、繰り上げ返済を利用すると良いです。