プロミスの即日融資方法まとめ

プロミスのスペック

実質年率 年4.5%~17.8%
利用条件 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入があればOK

使いみち 生計費に限る
審査時間 最短30分
在籍確認 書類で代用可能
即日融資 最短30分
即日振込 OK
来店の必要 なし
必要書類 運転免許証(写)または健康保険証等
収入証明(100万円超の借り入れまたは必要とされた場合)
限度額 500万円まで
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
遅延損害金 20.0%(年率)

特徴

プロミスは消費者金融の大手であり、smbcグループのきちんとした貸金業者です。
消費者金融としての歴史も長いので、初心者でも安心して利用できます。
特徴としては以下が上げられます。
・Web手続きで即日融資可能
・はじめてなら30日間無利息
・銀行・コンビニのATMで利用可能
・50万円以下なら収入証明書類が原則不要

上記の特徴の中でも、「はじめてなら30日間無利息」はお金のない借り手にとって大きなメリットです。
即日融資可能であることを考えると、いざと言うときに金利負担少なくお金を借りられるのは非常に頼もしいです。
またプロミスは三井住友銀行との連携が強く、三井住友銀行において手数料無料で利用できます。
そのため、プロミスのATMが無い地域でも三井住友銀行があればコストがかからず利用できるというのが他の消費者金融にない強みです。

即日融資は可能か?

プロミスは自動契約機またはWebで契約すると即日融資が可能です。
自動契約機で即日融資を受ける手順は以下です。
1. 必要書類を持参して自動契約機で申し込む
2. 審査
3. 契約・カード発行
4. 借り入れ
自動契約機の受付時間および審査可能時間は9:00~22:00で、土・日・祝日でも申し込みは可能です。
審査は早ければ30分から1時間程度です。
ただし、審査には職場への在籍確認が必要なので、即日融資を受けるには申込者の職場の在籍確認が可能な時間帯である必要があります。

Webで即日融資を受ける手順は以下です。
1. Webで申し込み
2. 審査
3. 審査回答
4. Webで振込手続(即日融資)
Webで契約した場合は、審査回答を受け取った後に自動契約機または店頭窓口に行って融資を受けることも可能です。
Web契約で即日融資を受けるには、平日14:00までに審査申し込みをしている必要があります。

専業主婦は申し込める?

プロミスは専業主婦では申し込む事はできません。
その理由は、総量規制があるためです。
総量規制では、
「配偶者の借入+専業主婦(主夫)の借入>(配偶者の収入+専業主婦(主夫)の収入)÷3」
以下であれば借入は可能としています。
しかしながら、現状はプロミスのような総量規制対象事業者のほとんどで専業主婦の借入は断っています。
専業主婦で借入をしたいのなら、総量規制対象外の銀行系のカードローンに申し込む事をおすすめします。
例えば、楽天銀行のカードローンは専業主婦でも比較的審査が通りやすいことで知られています。

審査は厳しい?

プロミスの審査は良くも悪くも普通です。
基本的に以下の条件であれば審査は通ると考えてよいです。
・安定した収入がある
・直近3ヶ月で、他の金融機関での支払いに滞納や延滞がない
・申し込み時に虚偽情報を伝えていない
プロミスは利用者も多く、審査も早いです。
また契約に自動契約機を使っています。
これは、プロミスは審査をシステマチックに行っていることを意味します。
つまり、プロミスは属性情報や信用情報を評価して一定基準に達した申込者と契約しているということです。
従って、総量規制以上の借入(年収の3分の1以上)をしていたり、安定収入がなかったり、金融事故歴など信用情報に傷があると審査に通ることはありません。
一方で、システマチックな審査をしている分、初心者でも上記の条件を満たしていれば簡単に借りられるので、気構える必要はありません。

提携ATMの利用手数料はかかる?

プロミスの提携ATMは利用手数料が無料のところと有料のところがあります。
利用手数料が無料の提携ATM
・プロミス
・三井住友銀行
・Loppi(返済のみ可能)
・Famiポート(返済のみ可能)

利用手数料が有料の提携ATM
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行ATM
・E-net
・ローソンATM
・東京スター銀行
・福岡銀行
・三菱東京UFJ銀行
・イオン銀行
・第三銀行
・熊本銀行
・西日本シティ銀行
・横浜銀行
・クレディセゾン
ATM利用手数料は、借入時、返済時、ともに1万円以下の場合は108円、1万円超の場合は216円です。

WEB完結

プロミスのカードローン契約はWeb上で完結することができます。
契約手順は前述の「即日融資は可能か?」で記載した通りです。
プロミスはネット上の会員サービスが充実しており、ネット上で融資や返済、借入残高の確認などが可能です。
申し込みだけでなく、キャッシングに関するほとんどのサービスをWebで完結できるのがプロミスの大きな特徴です。

カードレス契約

プロミスとWeb完結で契約した場合、郵送物やカードが無くてもカードローンを利用できる「カードレス契約」をすることができます。
郵送物が一切ありませんからご家族に知られる心配がありません。
カードレス契約で借入する場合は主要な金融機関に口座振替をします。
三井住友銀行やジャパンネット銀行は口座振替手数料がかからず利用できます。
また、インターネット返済を利用すれば主要なインターネットバンキングから手数料無料で返済が可能です。
インターネット返済が利用できる金融機関は以下です。
・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・楽天銀行